先週の金曜日は、川口総合文化センターにて、埼玉県川口市内の教頭先生方へ向けたマネジメント研修会でした。

テーマは、「性同一性障害のある児童生徒への配慮と対応について」と題し、実際に教育現場に携わっている性同一性障害の当事者教員を含めて、体験談であったり、当法人独自の学校に求めるアンケート結果(全国約130人対象)を交えながらお話させていただきました。

お忙しい中お集りいただき、会場まで足をお運びいただいた先生方に心から感謝申し上げます。


【アンケートへのお礼】
また、5月から皆さまにお願いしていた学校に求めるアンケート調査にご協力をいただき、誠にありがとうございました。
おかげさまで、LGBTの当事者135名(GID:117名)という、本当に数多くの皆さまからご回答をいただき、貴重な資料やご意見がたくさん集まりました。ご協力いただいた沢山の方々に、この場をお借りして感謝申し上げます。

この調査によって得られた当事者達の生の声は、先日行われたマネジメント研修会で教頭先生方へ直接お届けしたほか、当法人が主催するセミナーや会報誌への掲載、政府や関連団体への要望など必要と判断されるものにつき公開させて頂きます。

性同一性障害支援機構では、今後も皆さまのご意見やご要望をうかがいながら活動を進めてまいりますので、ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 活動ニュース, 講座&講演会 パーマリンク