今年に入り、当支援機構をご支援いただいている方々からのお力添えもあり、様々な場所で当事者以外の方々に性同一性障害についてお話をさせていただく機会がありました。

■目黒本町社会教育館では人権講座の講師として(2/16)
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/gakko/kyoikukoza/megurohoncho/megurohoncho.html

■かわさきグローバルセミナー2014ではパネラーとして(2/5)
http://tm-vb-news.at.webry.info/201402/article_1.html

■チャリティ☆新春茶会@横濱中華街2014ではゲストスピーカーとして(2/9)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.745340485485618.1073741829.270372366315768&type=1&l=90efe1a9e2#!/events/1395529324030057/

当事者への支援もさることながら、当支援機構が目指しているのは共生社会!!

今後は社会へ言葉の認知だけではなく、当事者が広く社会に受け入れられる環境、そして固定的な性別による役割分担にとらわれず、共に生活できるよう社会との自然な調和を目指し、多様な性の存在と、お互いがお互いを認め尊重し合う社会づくりに取り組んでいきたいと考えています。

また当支援機構では、主催したセミナーや交流会へご参加いただいた方々は設立以降2年間でのべ500人以上にものぼり、当事者や家族、その周りの支援者の方々とのネットワークを広げることにより、生涯を通じてみんなが幸せになれる社会づくりを目指してきました。

幸せになりたい!!と願っているだけでは、ただ待っているだけでは幸せは訪れません。
幸せになるためには、それに向って行動を起こし、一人一人がそれぞれ自分の幸せを独占するのではなく、一つの幸せを10人で、二つの幸せを100人で共に分かち合い、同じ幸せを感じることができる仲間と喜びを共にしていくことこそが幸せへと続く道だと思っています。

ご縁があり、この記事をご覧になった方々が1人でも多くこの問題に対し関心をお寄せいただき、そして私たちも、日々活動に取り組みながら、幸せや夢を身近に感じられるような支援活動に全力で取り組んでまいりますので、皆さまからの今後一層のご指導と、温かいご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

【ご支援・ご協力の例】
※当支援機構が主催するイベント・催事へご参加いただく。
※皆さまが主催・ご参加されるイベント・催事の際に、少しだけお時間をいただき、性同一性障害についてお話させていただく。(遠方の場合は交通費だけご負担ください。)
※当支援機構のNPO会員へご入会またはご寄付いただくことで、支援活動を援助する。フォームはこちら⇒http://npogid.or.jp/howtojoin
※イベント・催事の場所の情報やご提供、その他活動に関する様々なご意見・ご感想をお聞かせください。E-mail⇒info@npogid.or.jp
カテゴリー: お知らせ, 活動報告 パーマリンク